カテゴリー別アーカイブ: 未分類

日よけ考察 その2

お盆が過ぎたけれど、蒸し暑い日が続きますね。と思ったら、いきなり太陽がぎらぎら照りつけて、やっぱり暑い。暑いといったら100円払うゲームを開催したら、あっという間に破産までいきそうです。

話は本題に入りますが、我が店では毎年日よけになる植物、いわゆるグリーンカーテンの候補を探しています。今年試した緑の日よけはフウセンカズラです。
去年緑のカーテンにアサガオを植えてみたところ、アサガオは朝しか葉っぱが元気ではない、日が昇るとみるみる萎んでいくということが判明して、かんじんかなめの日中に日よけとしてまったく役に立ちませんでした。花はきれいだったのですけど。
で、今年はフウセンカズラです。フウセンカズラはフウセンの名のとおり花、花は小さく白い が咲いたあと、緑色の小ぶりのホオヅキのような実が付きます。ここからそのホオズキ型の実はそれこそ膨らむフウセンのように中から圧がかかります。握るとそれこそ「パンッ」というくらい膨らんでいます。
このフウセンカズラ、南国の植物らしく日光に強い。つる性なので誘引が簡単。と緑のカーテンにぴったりじゃないか、ということで今年はこの植物を植えてみました。

DSC_0210

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、真ん中の緑色のがフウセンカヅラです。結構緑のカーテンとしては有望かもしれません。なにより病気にかからず、虫も呼ばない。ただ、南国育ちなので発芽には温度が必要で夏前半の日よけとしては間に合わないことが欠点かも。早めに家の中で苗を作ってみるといいかもしれないです。
さて、緑のカーテン大本命はやっぱりブドウ。早くから葉が出る。つるで誘引しやすい。実が取れる。といいことずくめ。ことしも東側のカーテンとして優秀でした。ただブドウは定期的に農薬をふらないとコガネムシにやられてしまうので、そのあたりが手間です。

DSC_0209

由布岳に登りました

このあいだの小学校が代休の日、久々に家族登山に由布岳に登った。
平日なのに駐車場がいっぱいでかろうじてとめられたりと、やはり登山ブームは続いているようだった。
この日調子がいいのは年長の長男で、ルンルンだ。四年生の娘は最初だけやる気で、一時間もしないうちに「何で登るんだ」とか「暑い」だの「喉が渇いた」と
まったくやる気がない。あげくのはてに最後マタエから先のちょっと崖っぽいところで泣きはじめ、すれ違う人に「頑張れ」と言われて、睨み返すというブスくれっぷり。

あんまり頭にきた親は、由布岳を下ったところから登り返すスパルタコースに連れて行くことにした。

由布岳の駐車場から左手にこんもりとした山がある。それが飯盛山だ。山を下って登り返す。きついで、これは。

飯盛山は山頂に木が生えていない、草原の山で、頂上からは眼下に湯布院が見える。湯布院は田んぼの準備中か水が張り初めていて、鏡のようにきらめいていた。風

飯盛山

は爽やかで、満足度は由布岳の頂上よりもいい感じ。子どもたちも、先が見えるぶんだけ上りやすかったらしく文句もなかった。

そして下山。帰りに食べたガリガリ君の美味しかったこと。

本日(5月29日)、臨時休業いたします

誠に勝手ながら、本日家族サービスの為臨時休業にさせていただきます。

小学校の参観日が昨日あり、その代休として今日お休みになりました。たまには家族で由布山にのぼろっか、ということになったのでお休みします。

よろしくお願いいたします。

むぎふく店主

 

おまけ

最近、ブログをこまめに更新していたはずだった。はずだったというのは主にスマホからログインして週に2回くらいブログを書いていたのだった。だが、今日臨時休業のお知らせをパソコンから打ち込んで、パソコンからサイトを見てみると、ぜんぜんスマホで打ち込んだブログがアップロードされていないではないか。
あんなにノリノリで書いたブログはどこにいったのだろうか?僕の脳内では完全にインターネットに僕の考えたものを放流しつもりなっていた。きっとそのブログの文章はどこかの誰かとつながって、また何かを生み出すに違いないという期待は少しの驚きと共にあっけなく消えた。

どこにも公開されずどこかに消えていったあのアイディアはどこにいったのか。WWW(ワールドワイドウェブ)ではなく、僕の中の脳内限定で構築されたインターネット。スタンドアロンの孤独なコンピューターなのだ人間は。

ともあれスマホからこのワードプレスのサーバーに入れないのは困るなぁ。この臨時休業のお知らせは皆さんにとどいているのだろうか?

本日(4/1)は12時から営業します

今日は下の子の入園式のため、午前中おりません。午後より営業いたします。 店主
で、入園式に行ってきました。

宇目の保育所はここ一軒で、子供のクラスは17人でした。このメンバーは小学校に行っても、中学校に上がってもクラス替えなし。

ぼくが東京の小学校に通っていたときは、1学年38人10クラスの大所帯でしたので、同じ学年といっても、クラスの外の人はわからない感じでした。

濃密な人間関係のなかどんな風に育っていくのか楽しみ半分、不安半分というところです。

パン教室のようす

本日パン教室でした。

お店でぼちぼち捏ねました。最初は悪戦苦闘、半信半疑で始りましたが、終わってみればかわいいパンができました。

くるみパンとレーズンパンを作りました。

今回のは半日コースです。お昼の1時から始めて、終わりが4時です。

皆様もパンが作りたくなったら、ぜひご利用ください。

誕生日プレゼントもらいました

娘の誕生日と僕の誕生日は二日違いで、娘の誕生日に合わせておまけ的に僕の誕生日は祝ってもらえる。まあ四十過ぎのおっさんの誕生日は忘れ去られているし、自分的にもどうでもいい日だ。

とはいっても子供たちが律儀にプレゼントをくれる。それがまたビミョーなやつをくれるのが困っちゃう。毎年折り紙で折った何かだったり、工作した何かだったりとこっちのリアクションに困るやつをさも嬉しそうにもらわなくてはならないのだ。

「わー最高だよ、これほしかったんだー(棒)」子供からのプレゼントを前に精一杯の演技をしなくては人間的にいや父親としてどうか、の瀬戸際だ。こういうときアメリカ人はどうするんだろう。


さて、今回はまともなものをもらって驚いた。息子(五歳)のプレゼントだ。最初青い箸袋みたいなものを見たとき、何だこりゃと思ったが、よく見るとミミズ字でおめでとうと書いてあったのがまずびっくり。そして中身にボールペンの芯の本物が入っていたのがさらにびっくり。

「良かったちゃんと成長してて、何より喜ぶふりをしなくて良かった」という誕生日になりました。

ただ、気がかりなのが地区のチューリップ祭りの話し合いと今日の娘の誕生日がバッティングしてまい、当然のように誕生日を優先してしまったというのが、田舎でうまくやれない原因なのではないかと思った次第でございます。こういうときこそアメリカ人をになりたいな。

ハッピーバースデー娘

うちの子の誕生日が近いので、ことしもまたバースデーケーキを作った。とにかく二段でお姫様みたいなやつがいいと言っていたので、作ってみた。

小麦粉系は窯があるので、一般家庭よりも割りと敷居が低い。というか、買ってきたらダメだろう。二段のケーキでイチゴが載ったものは本職に頼めば、八千円から一万円はするとして、自分で焼けば、何円か?と計算すると、やっぱり自分で焼くか!となる。こういう計算が我ながらコスイなと思うのです。

パン屋なのでデコレーションはできないが、まあまあいい線というか、イチゴを載せたらこっちのもんで誤魔化してます。

こういう点で三月はイチゴが安くて、バースデーケーキが作りやすいというのはお得な点である。

パンダ最高

上野動物園のパンダはかわいいなぁ。

さっき見たときは、後ろを向いてふて寝してたパンダは帰る頃にエサの時間になったらしく笹食いまくり。