作成者別アーカイブ: mugifuku

トマトについて2017

今年はトマトの栽培方法を2通り試してみた。
ひとつは雨よけ屋根をかけて、畑に地植えする方法。もうひとつは植木鉢に植えて、母屋の屋根の下で栽培する方法だ。
トマトはどちらもミディトマトという中玉のものだ。
畑に地植えしたほうは、雨よけ屋根に5千円近くも投資したにもかかわらず、梅雨をうまく乗り越えられずにカビが発生して実が赤くならずに落ちた。トマトは地面が乾かないところでは、屋根をかけても駄目だ、ということが今年はわかった。
植木鉢に植えたトマトはあえて水はやらずに(めんどくさくなった)育てた。
たまに雨が降って、トマトに飛沫がかかるくらいのところで枯れずに生育していた。
そういう条件の中で9月くらいまで、花が咲くこともなく、次第に背が高くなってきた。
脇芽も出たが摘むこともなく、ほったらかした。肥料も思い出したときにチョビっとあげた。

このころになるとトマトはモジャモジャに伸びたいだけ伸びて、どこの枝だかわからないが、花が咲いていた。
台風が何度か通り過ぎたが、積んである薪に伸びた枝を引っ掛けておくだけで、風で枝が折れることもなかった。かえって下手に誘引するよりものびのび育って、茎の色が今ままでになく良い様だった。
そして、11月に入りトマトの実がジャンジャン赤くなりだしている。寒暖の差が激しいというのもトマトにとってはやる気を出すいい条件のようだ。
トマトはあんまり過保護に育てると良くないようだ。
来年は今年の成功と失敗をふまえて、畑に植木鉢を置いて、屋根をかけて育ててみようと思う。

薪の間で育つトマト

オオイタケンハスバラシイトコロダ

コチラ…
大分県弁護士会
「村八分やめなさい」人権侵害の是正勧告
毎日新聞 2017年11月6日 19時17分(最終更新 11月6日 23時39分)

オオイタケンハスバラシイトコロ。ユタカナシゼン。ヤサシイヒトビト。ジジョドリョク。ワタシタチイジュウシャヲココロヨクウケイレテクダサルヒロイココロ。スバラシイ。スバラシイ。

 
 いろいろ書きたい。だけど続きはお店で!
 次回営業は11月11日(土)、12日(日)、13日(月)です。

単発の祝日、大好き。

 今日は文化の日、祝日でした。
 うちの店の場合、祝日がハッピーマンデー化されて、3連休になってしまうよりも、単発の祝日として世間様が休みのほうがお客さんが多い。
 大体、祝日はその日に意味があって何とかの日になっているのだから、ハッピーマンデーにしたら祝日の意味がないんじゃないだろうか?とも思う。
 それに思いがけず、休みが突然あったほうがうれしくないですか?
 うちのお店の場合、3連休とか五連休が暇なのですが、それは福岡や阿蘇に行く人の通り道になってしまって、いまいちなんだとおもわれ。そして連休最後の日が割と忙しいのは皆さん地元に帰ってきているから、というのが理由のようだ。
 ぜひ、祝日の意味をなくすハッピーマンデーは廃止の方向でお願いしたいっす。
 まあ、場末のパン屋がこんなこと言っても仕方がないような気がするんだけど。

 さて、今週からしばらくの間、営業は 土、日、月、の3日間と祝日を営業日にしています。
 理由は僕の坐骨神経痛が痛いからです。だいぶ良くはなりましたが、療養を続けます。

営業部分的再開のお知らせ

先日台風18号で通行止めになっていた道路の工事が終わりまた通行できるようになりました。
お店の再開はしばらく土、日、月曜日にします。どうぞよろしくお願いいたします。
それは店主であるところの僕が座骨神経痛になってしまいイマイチだからです…しばらく療養します。

道路が直りました

道路はすっかり綺麗になりました。道の駅宇目から車で8分位です。是非お立ち寄りください。お待ちしています。

空気を読まない男

今日と明日は運動会の振替で小学校が休みになっている。
毎年この振替を利用して、家族でキャンプに出かけるのだけれど、今年はあいにく雨模様になったので、キャンプは中止にした。
今年はどうしようか考えた末、「どこにも行かないのもなんだかさみしいね」、ということになり、今年は映画を見に大分市内に出かけることにした。
ところで皆さんもご存知のように台風の影響で道路が寸断していらい、わがパンの店むぎふくは開店休業日が続いている。となると、我が家に今、現金がない。遊びに行くには現金が必要だ。乏しい現金をかき集め、材料の仕入れの分を残し、われわれは映画に出かけた。
映画は「ミニオンズ」をみた。僕ら親はまあ面白かったかな?という感じだった。長男は保育所でこのミニオンズを見ているらしく、その最新版ということもあって大満足の様子だった。これで今年の思い出つくりのノルマも達成されたのだった。
映画はお昼過ぎに終わって、お昼ご飯を食べて帰ろうと、ジョイフルに行った。こういうときジョイフルがあって良かったと思う。
小学4年生になった娘は「お店が暇でやばいのだろうな」と察せる年齢になったのか、控えめなメニューを選び、おいしそうにハンバーグを食べた。
下の保育園年長の長男はまだそういうことには無頓着で食べたいものを食べて、デザートも一番高いチョコレートパフェを頼んだ。ぜんぜん空気読まない。いや違う。こういうのを無邪気というのだなと思って、可笑しくなった。

僕のだけまだ来ないの図