月別アーカイブ: 2017年12月

今年もありがとうございました

今年の営業も終わりました。新年は1月3日、4日を営業いたします。その後は土、日、月曜日と祝日を営業日にいたします。

さて、今年も最後ということで、2017を個人的に振りかえってみますと、本年は好調な前半戦と9月の台風以降の苦戦の白黒がはっきりした年でした。

台風以降、座骨神経痛になってみたり、老眼を自覚する、といった体のあちらこちらがピークを完全に下っているのがわかりました。平たくいうと老いを感じるってやつでしょう。噂には聞いていましたが。まさか自分にふりかかるなんて。

そんな中、良かったなあと思ったことを拾って、今年の締めにしたいと思います。そうしないとやってらんない。

良かったこと

1 ツールド佐伯で195キロを完璧に走りきったこと。何が良かったかというと、長い道のり8時間を心身ともにマネジメントしきったというのが嬉しかったです。

2 パンダのシャンシャン。めちゃくちゃ可愛い。狙ってやっていてもぜんぜん問題ナッシング。YouTubeでパンダ動画を見るという趣味ができました。辛いときにはおすすめです。

 

3 ラジコンヘリ。おもちゃのヘリコプターですが、メチャクチャよく飛ぶ。これが1万円しないなんて。テクノロジーの進歩に感謝感激。

4 餅つき。突然餅をつきたくなって、臼を借りに行ったり、杵を買ったり。餅がこんなに美味しいなんて、知らなかった。それと、餅つきの杵を振る動作が座骨神経痛にいいらしく、だいぶ楽になりました。たぶん背中の筋肉の普段使わない部分をうまくほぐしたのかもしれません。なので毎日50回エアー餅つきをしています。もしかするとこういうエクササイズでひと山あるかも。motituki exerciseとか。

5 五個あるといいなぁと思って考えてみましたが、思い浮かばない…まあ今年もなんとか生き延びた、ということでいいか。

そういうわけで、皆さま良いお年をお迎えください。来年もパンの店むぎふくをよろしくお願いいたします。

餅つき練習(人生初)

usuatatame

初めて餅を自分でつきます。昨日youtubeで作り方を教わりました。

日本人だからといって、最初から餅がつけるわけではないのだ。

蒸し上がり。

DSC_0427

まずはもち米を潰す。いきなり叩かない。

DSC_0429

いよいよ杵を使って餅をつく。だんだんと粘りがでてきて、杵や臼に餅がつき始めるが、お湯を用意しておいて、ひっくり返したり、餅を手で外したりして、餅がお湯で潤滑しておくように留意する。

DSC_0430

ほぼ出来上がり。もち米の粒々が残っているのも粒々が手作り感があっていいと奥さんがいっていた。

DSC_0434

パン屋なのでつき上がったもちは普段パンを作る台の上に持っていって、丸く成型する。このあたりパンをの丸めとあんまり変わらない。

DSC_0435

出来上がり。一番最初は鏡餅にしてみた。

special thanks 石臼ともち米、Oさんありがとうございました。