月別アーカイブ: 2017年5月

本日(5月29日)、臨時休業いたします

誠に勝手ながら、本日家族サービスの為臨時休業にさせていただきます。

小学校の参観日が昨日あり、その代休として今日お休みになりました。たまには家族で由布山にのぼろっか、ということになったのでお休みします。

よろしくお願いいたします。

むぎふく店主

 

おまけ

最近、ブログをこまめに更新していたはずだった。はずだったというのは主にスマホからログインして週に2回くらいブログを書いていたのだった。だが、今日臨時休業のお知らせをパソコンから打ち込んで、パソコンからサイトを見てみると、ぜんぜんスマホで打ち込んだブログがアップロードされていないではないか。
あんなにノリノリで書いたブログはどこにいったのだろうか?僕の脳内では完全にインターネットに僕の考えたものを放流しつもりなっていた。きっとそのブログの文章はどこかの誰かとつながって、また何かを生み出すに違いないという期待は少しの驚きと共にあっけなく消えた。

どこにも公開されずどこかに消えていったあのアイディアはどこにいったのか。WWW(ワールドワイドウェブ)ではなく、僕の中の脳内限定で構築されたインターネット。スタンドアロンの孤独なコンピューターなのだ人間は。

ともあれスマホからこのワードプレスのサーバーに入れないのは困るなぁ。この臨時休業のお知らせは皆さんにとどいているのだろうか?

UNOしたことがない人

うちの娘が学校でカードゲームのUNOを覚えてきたので、我が家でもUNOを買った。
さっき暇ができたので、僕とうちの奥さんと娘の3人でUNOをしてみた。僕はわりとカードゲーム系が得意なので、サッサと上がって、奥さんと娘の低レベルな戦いを見ていた。ほんとに低レベルにもほどがあるという戦いで、カードを引いてただ出すだけ、みたいな運試しゲームになっていた。

娘は小学生なのでこんなものかな、という気がする。しかし、うちの奥さんが小学生と互角というのはちょっとひどい。あんまりひどいので、きっと手加減しているのだろうな、と思って、手札を覗いてみたが、ぜんぜん手加減していない。色と数字でただ場に出しているだけ。

もしかして、もしかすると、この人(奥さんのことです)UNOのルールを知らない?

いやいや、UNOって、学生のときとか絶対にするよねぇ。

そうは思ったが一応確認してみた。

「あたし?UNOはじめて」ギロリ。(なんか文句あっか?的な)

1回も無いの?本当に?と確かめてみたら、本当にないという。

四十何年生きてきてUNOしたことが無い人がこの世にいるなんて!すごい!感動した!

僕は思い込んでいたのだ。UNOは日本人全員知っているゲームなのだと。日本の国旗が日の丸だと知らない日本人がいないように。

うちの奥さんはかなり独自路線を歩いている人だとは知っていたが、友達がいなかったわけでもなさそうだし、UNOをする機会が今までなかったのだろうか?不思議だ。この人は突然知らないことが落とし穴みたいにあって、びっくりすることがある。本人はまったく自覚がないみたいですが。

アマゾン来ません

アマゾンが混乱している。アマゾン、田舎暮らしの生命線。

正確に言うならばアマゾンのマーケットプレイスが混乱している。

生鮮食料品以外の物資の購入はアマゾン様に頼ってきた我々であるが、ついに今後のお付き合いを考えざるをえない局面を迎えたのだった。

どういうことか?まず、お話の前提からご説明いたしますと、アマゾンにはアマゾンが決済してアマゾンの倉庫から発送される本社便とアマゾンが決済する代わりにアマゾン以外の個人やら業者が発送するアマゾンマーケットプレイスと大きく分けて2つある。なんだかアマゾンばっかりでややこしいのだけれど、アマゾン本人が発送するか、アマゾン以外の誰かが発送するものとあるということです。

先日、買い物があったのでアマゾンで検索し、いつものようにポチッとしようとすると「こちらからもご購入いただけます」というところつまり、アマゾンマーケットプレイスのところに安い、というかかなり安い値段が表示されていた。大体1000円くらいするものが300円くらいのお安さだった。ね、怪しいでしょう?

アマゾン本体が発送するものはたいてい最安値で送料も無料。マーケットプレイスの発送するものはアマゾンと同じ値段かちょっと高めで、しかも送料別。というのが相場だ。どう考えたって、マーケットプレイス使うわけないじゃん。しかし、今回の買い物はマーケットプレイスのほうが、送料足してもアマゾン本体発送より安かった。というか「本体の値段が安すぎやしませんかね」とも思ったが、以前型落ち商品が安く買えたということがあったし、「アマゾン様に限って・・・」と安いほうをポチッとした。

当然いつものように、注文承りましたメールが来て、あとはクロネコがやって来るのを待つばかり、のはずが、そうではなかった。ぜんぜん商品発送メールがこない。アマゾンカスタマーセンターにメールしても帰ってこない。まずいなと思いながら、待つこと3日。商品発送メールが来た!と思って、メールを見ると、

お客様の商品はUSPSでお届けいたします。お問い合わせ伝票番号はLW00000000CNです。なお、伝票番号で配送状況を確認できるようになるまで、お時間がかかる場合があります。

て、おい、クロネコじゃないのかよ。USPSって何者?アメリカの郵便小包?当然伝票番号をグーグル先生にお聞きしても、ご存知ない。

そして、さらに2日後、今度は「ご注文の返金」メールがやってきた。返金?何で?その理由は「アカウントの調整」だそうでまったく意味がわからない。誰が悪いのか?なんなのか?俺の金は本当に返金されるのか?なぞは深まるばかり。その旨アマゾンカスタマーセンターにメールしてみたが、いまだに返答なし。ゴールデンウィークに入ったからなのか?ああ、もやもやするなあ。

と、こういうことがあったので「アマゾンマーケットプレイス」で検索してみると、「詐欺」というニュースがヒットしたのでどうやら私だけの話ではないようで、そのためアマゾンの中の人が天パッテいるようだ。詐欺というのはアマゾンマーケットプレイスに出店している出店者のアカウントを不正にゲットして、不当に安い価格を付けて、僕のようにポチッさせて、結局返金するという手口のようだ。お金を騙し取るために、不正アカウントで乗っ取るというのではない、というところがこのマーケットプレイスの問題の不気味なところだ。不正アカウント業者が得られるものは、頼んだ方の住所と名前と電話番号くらいだろうに。いったい誰が何を目的としてしているのかイマイチわからないのが不気味だ。

アマゾン、もう空気のように使っていたアマゾンがついにおかしくなってしまった。どうすんの、これ。

そう言っても必要なものは必要だし、買わなきゃいけないものは買わなきゃいけない。アマゾンに匹敵する通販サイトを探さなくてはいけない。楽〇?〇ふーショッピング?(何で伏字にしなくてはいけないのかよくわからないが)いやいや、これからの時代ヨド〇シドットコムだ。

結局、アマゾンは来るのかこないのかはっきりしないまま置いて置くしかなくなって、今回必要なものはヨド〇シドットコムで取り寄せた。早い!すぐ来た!すごいヨド〇シ!ポイント還元率も高効率!手のひらを返すように、今後はヨド〇シ様とお付き合いをして行こうと思っております。さようならアマゾン、こんにちはヨド〇シ。

いつものクロネコのおじさんが「最近、多いんよ、ヨド〇シドットコム」とぼやいていた。皆さん乗り移るのがお早いですね。

とりあえず田舎暮らしの生命線は今のところつながってはいるが、まさか通販がだめになることがあるなんて思ってもみませんでした。