七五三

先日うちの下の男の子の七五三のお祝いでした。

うちの奥さんは数ある年間行事の中で興味があるものといえば、節分と七五三のふたつのようで、いずれもパン屋の営業アップにはならない。
もっとあるじゃないですか。行事って。

近いところではハロウィン。もうちょっといくとクリスマス。さらに先にはバレンタイン。パン屋のからみやすいやつ。でも、絡まない。しかし、七五三はパン屋にはからみずらい行事だなぁ。

うちの奥さん的には次の行事はたぶん節分。正月はすっ飛ばして、節分。豆まき大好き。鬼のお面を寝ずに作ったりして。
今回の七五三も夜遅くまで、何かをやっているな、と思っていたら、和装のハカマを縫っていたそうだ。凄い執念。何故こんなにも七五三が好きなのか?

この情熱がハロウィンに向く日がくるのだろうか。いや、この無駄な(?)情熱を営業に向けさせられるのか。来年僕がゾンビの格好でお店に立っていたら、改革に成功ということで。

img_20161115_092518.jpg