ベニバナボロギク

野菜が高いですね。
お店の裏の菜園でも野菜は作っているのはいますが、プロがダメなときは素人はやっぱりダメで、かろうじてできているのはルッコラと春菊がちょっと。
そんな食卓事情に見慣れないおひたしが並んでいました。恐る恐る食べてみると、少しぬめりのある柔らかな繊維の葉っぱです。
家の奥さまがどこからか入手してきた情報で家の横の土手に生えているベニバナボロギクが食べられる!そのおひたしだったそうです。よくよくその土手を観察してみると、あれもこれもあっちもそっちも生えまくり食べ放題。他の雑草が寒さで縮こまっているなか、このベニバナボロギクは今がまさに旬の様子です。
灰汁もなく、モロヘイヤなんかに比べると、柔らかくてうまい。しかも只。ちなみにこういった感じ

image

花が下を向いていて、葉脈に赤い色がついています。わりと湿気のあるようなところが好きなようです。