月別アーカイブ: 2016年11月

七五三

先日うちの下の男の子の七五三のお祝いでした。

うちの奥さんは数ある年間行事の中で興味があるものといえば、節分と七五三のふたつのようで、いずれもパン屋の営業アップにはならない。
もっとあるじゃないですか。行事って。

近いところではハロウィン。もうちょっといくとクリスマス。さらに先にはバレンタイン。パン屋のからみやすいやつ。でも、絡まない。しかし、七五三はパン屋にはからみずらい行事だなぁ。

うちの奥さん的には次の行事はたぶん節分。正月はすっ飛ばして、節分。豆まき大好き。鬼のお面を寝ずに作ったりして。
今回の七五三も夜遅くまで、何かをやっているな、と思っていたら、和装のハカマを縫っていたそうだ。凄い執念。何故こんなにも七五三が好きなのか?

この情熱がハロウィンに向く日がくるのだろうか。いや、この無駄な(?)情熱を営業に向けさせられるのか。来年僕がゾンビの格好でお店に立っていたら、改革に成功ということで。

img_20161115_092518.jpg

 

ベニバナボロギク

野菜が高いですね。
お店の裏の菜園でも野菜は作っているのはいますが、プロがダメなときは素人はやっぱりダメで、かろうじてできているのはルッコラと春菊がちょっと。
そんな食卓事情に見慣れないおひたしが並んでいました。恐る恐る食べてみると、少しぬめりのある柔らかな繊維の葉っぱです。
家の奥さまがどこからか入手してきた情報で家の横の土手に生えているベニバナボロギクが食べられる!そのおひたしだったそうです。よくよくその土手を観察してみると、あれもこれもあっちもそっちも生えまくり食べ放題。他の雑草が寒さで縮こまっているなか、このベニバナボロギクは今がまさに旬の様子です。
灰汁もなく、モロヘイヤなんかに比べると、柔らかくてうまい。しかも只。ちなみにこういった感じ

image

花が下を向いていて、葉脈に赤い色がついています。わりと湿気のあるようなところが好きなようです。