月別アーカイブ: 2015年7月

とうもろこしの花

 種まきをして2ヶ月半、雨の中、とうもろこしの花がいっぱい咲いて、受粉しているらしい。受粉の仕方を理解していない私は旦那様(※注1 普段はこういう言い方はしない。こういわれたときには背中につめたい電気が走る。耕)の説明にポカン。
 「小学生で習わなかったのー」といわれてしまう。
 早速観察。2m近くに伸びたとうもろこし、茎先端に空に向かって伸びる30cmくらいの棒状の物を中心にその下に放射上に伸びる20cmくらいのものが40から50本くらいある。これが雄花。
 茎の下を見ると黄緑色の細いひげがたくさんでている部分が1,2ヶ所ある。これが雌花。とうもろこしの実には1粒に一本、このひげが出ているらしい。
 風で揺さぶられたりして茎上部の雄花から花粉が降り、茎下部の雌花のひげ先に受粉して実が大きくなる。
 そこまで学んでとうもろこしは虫で受粉するのではないので、虫がいないところでも収穫可能な植物なのだという事に気がついた。この年になって。。
 先ほど、ほんの少し雨が止んだ間に旦那様が畑に入ってとうもろこしの実を間引きしていた。茎1本にひとつのとうもろこしを収穫したいので2個実のついていたものは間引く。そこで子ども達と皮をむいてひげが実一粒に一本出ているのかを確かめる。
 確かに実には長いひげが1本つながっていた。(注2 この間引いたとうもろこしはいわゆるヤングコーンといわれる)
  今期のヤングコーン、シンプルに蒸して夕方に食べました。今後は受粉がうまくいって太陽の力で実が太ると収穫が楽しみです。といいたいところなのですが。。
 実は1度に収穫を迎えるので1度に茹で、実だけを取り冷蔵庫に保存して来年収穫されるまで食べるので、楽しみ半分、気が重たいです。
 お客様にも収穫したばかりのとうもろこしを食べていただけたらよいと思います。

                                                      直
(注3 今年は雨ばっかりで太陽が足りず、甘みがちょっと足らない感じでした。途中までは最高に良かったのですけど、残念  耕)

地震大丈夫でした

 どうも、皆さん。
 昨日の未明に佐伯市で震度5の地震がありました。地鳴りがなってガタガタと全体的に揺れました。
 各方面からご心配のメールやら、電話がたくさんありました。ありがとうございます。
 とくに私たちには異常はありません。電報ならば「家族皆元気心配スルナ」的なところです。

 ぼくは寝ているときに地震が起きてもたいていは気がつかないタイプですが、今回の地震は地鳴りで飛び起きました。ゴーという音の後、ガタガタガタと家が揺れて、「やばいなこれは」と思ったのですが、布団の上で何もできませんでした。
 隣で寝ている妻の上に覆いかぶさって、守ってやる的な行動は今回はできなかったので、次回、余震が起きたら是非家族を守る俺をアピールしていきたいそんなふうに考えております。
 こういうときのイザの行動がテストですな。

雨の日の外遊び

 雨続き。
 ご来店くださったお客様が子どもたちに声をかけてくださいます。
 「外で遊べなくて退屈だねー」と
 我が家の子どもたちは雨関係なしで外で遊ぶので、びしょびしょぐちょぐちょ当たり前。
 お下がりのフライパンに雨水をためて楽しんだり、水溜りでびちゃびちゃしてみたり、傘をさして散歩したり、屋根のかぶりが広い建物なので、野の草花を材料にお料理など身近なもので楽しめるのっていいなあ…
 
 少々散らかそうと汚れようと静かに遊んでいる時はそっとしておきます。たまにこっそり見に行く程度。
 時には思いもよらないことに…ありえないことが起こります。
 子どもたちが集中して遊んでいるときは、ほんの少し時間ができるので、ランチの仕込をします。
 お客様にいつでも食べていただけるように、畑から野菜を収穫し、土を洗い落とし、加工して野菜の準備をします。
 雨続きだとなかなか畑にも入れずに困ります。
 畑の野菜もお日様がほしそうな様子。たまには顔を出してほしいものです。

 雨を喜んでいるのは子ども達と、カエルくらいかなあ。

 直

朝顔観察

 「まーた あめー」
 3歳7ヶ月になる息子の言葉で1日が始まる。
 6月に入ってからお日様の出る日が少なく気温も20度前半ほどで肌寒さを感じる日々。
 7月に入っても雨続き。

 雨、小降りの早朝、山を飛び回るいろいろな種類の鳥たちの声 楽しそう…
 憂鬱な気分に元気をもらいます。
 
 種から育てている植物達の生命力、毎朝の観察が楽しみです。
 昨年、娘が小学校で育てた朝顔の種を子ども達と種まきをして育てています。
 
 自宅育児をしている息子と毎日観察。
 「朝顔さんがんばって大きくなってねー」
 と声をかけています。
                              直