月別アーカイブ: 2015年3月

臨時休業のお知らせ

 都合により(小学校が春休みに入るので)、3月31日(火)と4月1日(水)は臨時休業いたします。
 その後はチューリップの咲いている4月の中旬まで、お店は休まず営業する予定にしてます。

  棚田に咲くチューリップは今のところ花芽が上がってきたかな?といった感じです。来週は暖かくなりそうなので、花が咲くかも知れませんね。
 4月5日は「柳瀬チューリップ祭り」がお店の横の陶芸工房の前で開催されます。

 

おまけ

 皆さんはエクストリームアイロニングというスポーツをご存知だろうか?
 詳しくはYOUTUBEで検索していただければ、納得されると思いますが、ここで話しを進めるため、簡単に説明すると、険しい山の上で、サーフボードで波乗りしながら、パラシュートを背負って空中で、アイロンをかけるというスポーツなわけです。どこが面白いのかぜんぜんわからない人向けにさらに蛇足を加えていくと、日常から離れた極限状態に、あえて日常の生活を持ち込んでみるという対比がばかばかしくって、面白い、と僕は思うんだけれども。
 僕はこのエクストリームアイロニングが大好きで、いつかやってみたいと思っていた。せっかくなら我がパン業界の売り上げを鑑み、エクストリームな方向性の中でなんとかパンの売り上げを伸ばす方向はないか?と真剣に考えていたのだった。その答えがこれだ。
 名づけて「エクストリームパンニング」。
 厳しい自然の極限状態で平然とパンを食べる。どうでしょう?グーグルでこの「エクストリームパンニング」と検索してもまだ、掛からない。ということはこのブログが世界初ということになるのではないでしょうか!このブログを読んでいるあなた!歴史の目撃者かもしれませんよ!もしかすると、綴りが間違って、検索にかからなかったという可能性もなきにしもあらずという気がしないでもないが、細かいことは放っておきたい。

 で、記念すべく第一回エクストリームパンニング。実行してきました。
 場所は九州の最高峰、久住連山の中岳。初回にふさわしい場である、とおもいませんか?
この日は抜けるよな青空が広がり、第一回にふさわしい日であった。鳴子山南東尾根を直登して、鳴子山山頂(1643m)に立つ、その後稲星山山頂(1774m)を通過、北に稲星山をすこし下り、いよいよ中岳に挑む。
DSCF0534s-DSCF0542s-
 山頂は風が強く、体感温度はぐんぐん下がっていった。まさにプチエクストリーム!そして、ついに中岳山頂(1791m)に到達。
僕はおもむろにリュックを背からおろすと、バンダナに包まれたパンを取り出した。パンはもちろんパンの店むぎふくのパン。ここで某山崎だったら、皆さんもびっくりでしょう。しかしぬかりはないのだ。今回はパンの店むぎふくの食パンを焼いて、バターを塗り蜂蜜をしみ込ませて持っていった。では、記念すべきエクスとリームパンニング、トーストををひとくち。DSCF0540s-
 甘い蜂蜜が疲れた体と脳みそに染み渡るようだ。うまいなあ。やっぱり自家製パンだからなあ。それにバターはいつもパンに使っている四つ葉バターだから、風味がいいなあ。(この辺宣伝入ります)。
 遠くを見ると阿蘇山が噴煙を上げたり、休んだり。噴煙は宇土の方面に流れていた。

 ・・・もしかすると、このエクストリームパンニングってただ山頂で、パン食べただけじゃないのか?という感想をお持ちになられた方もいるかもしれません。現に本人がここまで書いて、あれ?これってどう?という気になってきました。しかし、それは私の文章構成力が至らないせいなのであります。やっぱり、音楽とナレーションが入ると違うのだけれども。
 
 今後はひとり組織としてやっていこうと考えている。エクストリームパンニングジャパン、略してEPJ。
 無理しない程度で次回、乞うご期待!
 

ここ最近の話題

IMG_20150302_183019
3月はなんだかあわただしい。
この間はジャガイモをやっと植えた。春のめまぐるしく変化する天気と僕の都合が合わないと延々畑仕事も進まない。あと、花粉症で頭がぼうっとしたり、いきなり寒くて風邪をひきそうだったり、とにかく3月はそういう月だ。
むすめが3月に7歳になった。こうやってブログに子どもの写真を載せられるのもこの辺が最後かな?どうかな?と思う。
誕生ケーキは僕が作った。スポンジはプロっぽい出来栄えだったが、ケーキのデコレーションが僕にはできない。適当にクリームを塗って、おしまい。あんまりラフすぎるので、奥さんに後はお願いした。奥さんは庭から、タイムというハーブを取ってくると、ケーキの上にチラッと飾った。
おおっスゲー。ちょっとした緑の葉っぱが載るだけで、ケーキがお洒落になった。ラフに塗ったくったクリームが狙ったラフさに変化した。例えるならのり弁のバレンもばかにはできないというか。

また、ぜんぜんケーキから話しは飛ぶんですけど、つい先日、豆腐でがんもどき(雁擬)を自作しました。グーグル先生に「がんもどき 作り方」でお伺いをたてたところ、見慣れない文字が。
がんもどきって関西では飛竜頭(ひりゅうず)ともいうんだそうです。初めて知りました。九州でもこういう言い方するのかな。実家の関東ではがんもどきだったような記憶があります。うちの奥さんに熊本のではなんと言うのか、たずねてみたところ、「わたしがんもどきって食べたことがない、今日で2回目」とか根本から構築していかないとダメ、な感じだったので、今度熊本に行ったときにでも、スーパーを覗いてみたいなと思います。